白漢しろ彩について

「高い化粧水を使っているのに、肌の赤みが治っていかない。」

 

「ニキビに効くという化粧水を使っているけど、全く肌が良い方向にいかない。」

 

「肌の赤みを治す化粧水はどれを選べば良いか分からない。」  

 

肌の赤みやニキビ跡の赤みが消えないというならば、使ってみて欲しいのが白漢しろ彩です。

 

「どうせ他の化粧水と一緒なんでしょ?」

 

と思う人にこそ使って欲しいと思います。

 

白漢しろ彩は、一般的な化粧水とは少し違います。

 

見た目はごく一般的な化粧水となんら変わりはありませんが、化粧水は多層浸透型バリアテクノロジーという構造です。

 

これは、肌が水と油の層でできているラメラ構造というのを100パーセント再現したものです。

 

ラメラ構造とは、健康な皮膚の細胞と細胞の間にあるものです。

 

水と油が層になる事で、肌の保湿を保っています。

 

しかし、加齢や肌荒れによってラメラ構造は崩れてしまいます。

 

それを補う事でスキンケアをしていくのが、白漢しろ彩なのです。

 

白漢しろ彩は、独自の製法でラメラ構造と全く同じ化粧水を作りました。

 

そのため、他の化粧水と粒子の形が異なります。その粒子はラメラ構造と一緒なので、肌へどんどん化粧水が染み込んでいくというからくりです。

 

 

だから他の化粧水で赤み肌を改善できなかった人でも、白漢しろ彩ならば改善する可能性は多いにあるのです。

 

ではなにがラメラ構造で浸透していくのかというと、和漢植物エキスです。漢方や薬膳料理で昔から利用されているショウガ根茎エキスや甘草など4つの植物とセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの肌に元々ある成分です。

 

古来から効果がある植物と肌にある成分を補っていくのが白漢しろ彩です。

 

そして、この化粧水は無添加です。パラベン、アルコール、着色料、フェノキシエタール、香料、鉱物油などが入っていません。赤ら肌は皮膚が薄いなど刺激に弱い肌でもあるので、無添加なのは嬉しいですよね。

 

赤ら肌のための白漢しろ彩は、他とは違う化粧水なので、試してみる価値は多いにあります。